ランドセルカバーで安いもの、おしゃれなものまとめ

「天然素材を保護したい」「刺繍やプリントを綺麗なまま保ちたい」「気分転換に」などの理由により、ランドセルカバーを選ぶ親御さんが増えています。

ランドセルカバーはランドセルを綺麗に保つためだけでなく、保護、防水、安全性など様々な機能を兼ね備えています。現在数多くの種類が販売されているため、どれがベストか迷ってしまうのではないでしょうか。

ここでは人気のランドセルカバーの紹介や選ぶためのポイントを解説しています。お子様のランドセルにぴったりなものを選んであげてください。

人気のランドセルカバーまとめ

ここでは安いもの、おしゃれなものに分けて人気のランドセルカバーを6つピックアップしました。いずれも簡単に装着でき、ランンドセルをしっかり保護する機能が備わっています。

安いもの

ここでは二千円以内で購入できるリーズナブルなものをあつめました。シンプルなデザインでランドセルとコーディネートしやすいのが特徴です。

PEN PORT ランドセルカバー 透明カバー

価格 680円(税込)
サイズ 27cm
6色
URL https://bit.ly/2RsILqM

シンプルでリーズナブルな透明ランドセルカバーです。裏面固定ベルトのマジックテープでサイズ調節や取り外しが簡単にできます。値段重視で選ぶ場合におすすめです。ポップなカラーを中心に全6色展開。

まもるちゃん 透明ランドセルカバー

価格 1,555円(税込)
サイズ 27cm×46cm(M)、27.5cm×47cm(L)、28.5cm×47cm(LL)
7色
URL https://item.rakuten.co.jp/ringood/toumeikabuse/

ランドセル本体の色や刺繍が綺麗に見える透明素材に、ふちどりカラーがアクセントになっています。ランドセルのサイズに合わせてぴったりのカバーが選べるのも魅力です。安心の日本製で職人が手作りしています。

かわだい 透明ランドセルカバー

価格 1,590円(税込)
サイズ 46cm×27cm
17色
URL https://amzn.to/2UcWALK

持ち手つきランドセルにも対応、ランドセルの個性を活かす透明タイプです。校章や防犯シール、内がわの時間割表なども隠れません。静電気防止加工素材使用。カバーの内部もバイアステープでしっかり補強しています。

おしゃれなもの

デザイン性が高く女の子向けには華やかで可愛いもの、男の子向けにはシンプルでかっこいいものをピックアップしました。

京都瑠璃雛菊のデコらん

価格 1,944円(税込
サイズ 26.5cm×43cm~49cm
7色
URL https://item.rakuten.co.jp/kyotorurihinagiku/10188/

ランドセルに合わせて長さをオーダーできるタイプです。アリスの型押しデザインと馬車の型押しデザインから選べ、カラーは5色展開。女の子向けの可愛らしい柄です。かぶせの長さを計測してオーダーします。

プリンセスアリス 透明 レース&ドットリボン ランドセルカバー

価格 2,160円(税込)
サイズ 27.8cm×53cm(L)、28.4cm×54.5cm(L~LL)、29cm×54.5cm(LL)
6色
URL https://bit.ly/2RsILqM

サイズとカラーが選べるデザイン性の高いランドセルカバーです。透明タイプなのでランドセルの個性を最大限活かせます。かぶせ部分にはリボンとレースをあしらい華やかで女の子らしさたっぷりです。

kmp-pino ランドセルカバー

価格 2,980円(税込)
サイズ 46×25.5cm(S)、46.5×26.5cm(M)、48×26.5cm(L)
6色
URL https://bit.ly/2BPzeoo

日本製の男の子向けのランドセルカバーです。地味になりがちなランドセルを明るくおしゃれに、派手過ぎずにアレンジできるのが特徴。雨に強く、厚みも十分にある生地を使用ししっかりとランドセルを守ります。

ランドセルカバー選びのポイント

ランドセルカバーはランドセルを綺麗なまま保つ目的以外にも、本体と違ったデザインやカラーを選べばまた違った雰囲気が生み出してくれます。

この項目ではランドセルカバーを選ぶ際に知っておきたいポイントを紹介します。失敗せずランドセルにぴったり合うものを選べるよう読んでくださいね。

ランドセルのサイズを確認する

購入後のトラブルを避けるには、ランドセルカバーのサイズ表記を十分チェックしておくのがポイントです。

近年発売されているランドセルサイズはA4フラットファイル対応のものが多いですが、天然皮革素材のランドセルはA4クリアファイルサイズで少しコンパクトなものもあります。

「A4フラットファイル」対応のランドセルは、横幅23cmの「A4フラットファイル」が曲がったりせずすんなり入るのが特徴です。一方「A4クリアファイル」対応のランドセルは横幅が22cmでやや小さくなります。

したがってカバーを選ぶ際も、手持ちのランドセルのサイズをまず確認し、それにあったカバー選びをすることが大切です。ランドセルとカバーのサイズが違うと、カバーをしてもズレてきたりぴったりフィットしません。せっかくのランドセル姿、不恰好に見えてしまうのは悲しいですよね。

特徴的な外観のランドセルをお持ちの場合も注意が必要です。数字上問題なくても、市販のカバーが合わないことがあります。

例えば半かぶせのランドセルや、女の子向けランドセルに多い丸みのあるデザインタイプに起こりやすいトラブルです。この場合はランドセル購入先にオリジナルカバーを取り扱っていないか問い合わせてみてください。

ランドセルカバーの色選び

カバーを選ぶときに気になるのが色選びですね。ランドセルカバーは透明(色なし)・不透明(色あり)がありそれぞれの特徴が違います。

クリアな透明タイプはランドセルの色味やデザインを活かせるのがメリットです。元々のデザインを楽しみたい場合はこちらをおすすめします。

透明と言っても種類は様々で、フチなしのクリアタイプ、縁取りカラーやワンポイントが入ったタイプ、光沢のある生地を使用したカバータイプなど豊富です。ただし使っていくうちに汚れが目立ったり白化が目立つのがデメリット。汚れが気になったら変えるようにしましょう。

不透明タイプはランドセルとは違ったデザインを楽しみたいときにおすすめです。もちろん傷がつくのを防ぐ役割も果たします。思い切って大胆なデザインやカラーを選ぶのも楽しいです。

透明・不透明とも反射テープがついたタイプがあります。反射テープがあるだけで、車からの視認性が高まり安全性は格段にアップします。防犯の意味でもついている方が安心できますね。

ではどんな色が人気が高いのでしょうか。女の子は定番のピンク系、赤系が多いです。女の子のランドセルは元々自分好みのデザインを選んでいることが多いので、フチなしの透明タイプを選んでおけばランドセルの色を邪魔しません。

男の子の場合シンプルなランドセルを選んでいることが多いですね。ガラッとイメージを変えたい時は不透明カバーを選ぶのがおすすめです。ネイビーとブラックのストライプのカバー、ポップなスターや恐竜などのイラストが入ったカバーも人気があります。

透明タイプでも重厚感のあるエンブレムがワンポイントで入ったものなど、楽しいデザインが多いですよ。特に元が黒のランドセルなら、どのカラーでもアクセントになってかっこよく仕上がります。

まとめ

大切なランドセルの傷を防いで保護したいときに役立つランドセルカバー。色々なデザインのものがあり迷ってしまうほどです。

ただし選ぶときに覚えておきたいのは「サイズ確認」。これに尽きます。好みのカバーが見つかっても、購入前には必ずお持ちのランドセルのサイズと合致するかチェックしましょう。また汚れやすいので定期的に外して清潔に保つようにしてくださいね。

6年間ランドセルを使い続けるために、お気に入りのランドセルカバーを見つけましょう。

ブランド一覧

タイプで選ぶ

素材で選ぶ

お役立ち記事