コードバンランドセルのおすすめは_ブランド別一覧

美しいツヤとなめらかな質感で「皮革のダイアモンド」「キングオブレザー」と称されるコードバン。コードバンは馬のお尻の革を指しますが、希少価値が高いことでも知られています。

また素材の美しさのみならず、ランドセルに必要不可欠な強度を持ち合わせていることも特徴。こういったことから、「大切な子どもには良いものを」と考える親御さんや祖父母からの贈り物として人気が高いです。

この記事ではコードバンランドセルの人気ブランドや、良い点、悪い点などをお伝えします。ランドセル選びの参考になれば幸いです。

コードバンランドセルを販売している人気ブランド

ここではコードバンランドセルを取り扱う人気のブランドをまとめています。各ブランドともカラーバリエーションを増やしたり、さらにワンランク上のモデルを展開したりと様々です。

萬勇鞄

萬勇鞄は創業60年以上の名古屋にある老舗メーカーです。職人が一つ一つ手作りで仕上げ、その品質の良さは幅広く支持されています。素材や種類のバリエーションが豊富で、人工皮革のタフガード、牛革、コードバンと素材で選ぶこともできます。

リリークレスト(男の子)

エンブレムデザインの鋲や、騎士のユリの紋章が印象的なかっこいいランドセル。コードバンは、両側の大マチにワンポイントで箔押しされたユリの紋章が入っています。3色展開のコンビカラータイプです。

URL:https://bit.ly/2ByMNYS

ノブレス(男の子)

シックで大人っぽい雰囲気漂うアンティーク調のランドセル。ベーシックなカラーリングは飽きずに使えます。コードバン2色、牛革3色、人工皮革3色展開。内装のチェック柄とブラウンカラーのアクセントが印象的。

URL:https://bit.ly/2FJT1cz

クローネティアラ(女の子)

プリンセスのティアラ、ハートのモチーフがデザインされた可愛いランドセル。前段ポケットのチャームやポケットの形は女の子らしいハート型です。A4フラットファイル対応で荷物もしっかり入ります。

URL:https://bit.ly/2TQtxNA

黒川鞄工房

工房系ランドセルメーカーの中でも古い歴史を持つ黒川鞄工房。素材はコードバンや牛革など高品質な天然皮革にこだわっています。近年はA4フラットファイル対応モデルも展開。時代に寄り添ったランドセルを作り続けています。

コードバン ビッグ

お客様の声に寄り添い、「コードバンのシンプルなデザインで大きめのサイズ」を実現したモデルです。かぶせにコードバンを使用。マチ12cmでA4フラットファイルに対応しています。カラーは14色と豊富。

URL:https://bit.ly/2zC069V

コードバン ベーシック

オーソドックスなデザインのコードバンランドセルです。緻密な構造で6年間安心して使えます。職人が技術を駆使して細部まできっちり仕上げているのが特徴。定番の黒と赤の2色展開で飽きのこない仕上がりに。

URL:https://bit.ly/2TRvJ7V

コードバン プレミアム

黒川鞄のベーシックデザインにラウンド・ポケットとリフトハンドルが付いたモデル。独自の「はばたく肩ベルト」機能で実際よりも軽く感じるのがポイント。人気の10色がラインナップした男女兼用モデルです。

URL:https://bit.ly/2QhpBqv

匠・日本 長冠鞄コードバン ベーシック

冠フタがくるりと下部のロックまで繭のように包み込む、特徴的なデザイン。シンプルなのに個性が出せるのが魅力です。匠の技が光る自然な美しいシルエット、コードバンならではの素材の風合いは見逃せません。

URL:https://bit.ly/2BzqRNy

匠・日本 総コードバン

一般的なコードバンランドセルと違うのは、かぶせ、本体、全てがコードバンという点。もはや工芸品とも言える高級ランドセルに仕上がっています。かぶせ表面に金具が付いておらず、単色カラーなのが格好良いです。

URL:https://bit.ly/2Q0JKSb

鞄工房山本

工房系メーカーとして人気の鞄工房山本。ランドセルの素材には人工皮革、牛革、ヌメ革、コードバンなど、こだわって様々なものを採用しています。革の型入れ・裁断から仕上げまですべての工程を、奈良の工房でおこなっているのが特徴です。

コードバン・レイブラック(男の子)

男の子向けで一番人気の「レイブラック」を高級コードバンで仕上げたモデル。かぶせに使用したコードバンに、コバ塗りや鮮やかなステッチのカラーがアクセントに。ベースが黒で飽きがこず長く使えます。

URL:https://www.kabankobo.com/fs/rando/cordovanrayblack

コードバン・アンティーク(男の子)

コードバンの美しい質感が引き立つよう、アクセントステッチで縫製したモデルです。内装にもこだわり、さりげなくおしゃれに背負えるようデザインされています。A4フラットファィル対応の5色展開。

URL:https://www.kabankobo.com/fs/rando/cordovanantique

コードバン・グレース(女の子)

大人っぽい女の子に人気の「グレースシルバー」をコードバンで上品に仕上げたモデル。シンプルなデザインに、パール調の金具とピンクステッチが鮮やかに映え、可愛らしさと品の良さがあります。3色がラインナップ。

URL:https://www.kabankobo.com/fs/rando/cordovangrace

オールコードバン

貴重なコードバンを贅沢に使用したモデル。大きなパーツも底で革をつながず、一枚物の大きなコードバンを使用。黒にはブラウンステッチ、赤にはワインステッチで上品で重厚感のあるデザインに仕上げています。

URL:https://www.kabankobo.com/fs/rando/allcordovan

オールコードバン 夢こうろ染

コードバンを太陽の光で色が変わる「夢こうろ染」で染め上げた高級モデル。日本古来の伝統技法と素材の持つ美しさが融合した格調高いランドセルです。アンティークブロンズの金具とマッチした美しい一品。

URL:https://www.kabankobo.com/fs/rando/allcordovanyume

土屋鞄

土屋鞄は様々な鞄作りを手がける日本屈指のレザーブランド。 丈夫なだけでなく、シンプルで気品があるデザインが特徴です。コードバン以外にも人工皮革、牛革、ヌメ革のランドセルも取り扱っています。

コードバン ベーシックカラー

高級コードバンの素材を生かし、ベーシックなスタイルにこだわったモデル。背あてと内装に配色したカラフルなカラーは、かぶせを閉じると隠れるのも魅力。大人っぽさの中に挿し色が美しく映えます。

URL:https://bit.ly/2QoNTP6

コードバン プレミアムカラー

華やかで奥深いカラーを揃えたシリーズです。本体カラーに映える、控えめに輝くアンティーク調の金具、ベージュ色のステッチなど、細部までこだわっています。飽きが来ずずっと使うことを重視しているのが特徴。

URL:https://bit.ly/2zpJGBe

コードバン アンティークモデル

レトロな雰囲気が漂うコードバンランドセル。大人っぽくシックな印象の中に、あめ色の内装、ベージュ系のステッチ、アンティークの金具などで、どこかぬくもりを感じるデザインです。A4フラットファイル対応。

URL:https://bit.ly/2P4eDjb

大峽製鞄

大峡製鞄は80年以上ランドセルを作る老舗の鞄専門店です。高品質で「皇族御用達のランドセル」として知られており、職人が一つひとつ丁寧に作り続けています。現在では学習院や多くの有名国立・私立小学校に採用されています。

マットコードバン(つや無し)

コードバンはツヤや発色が魅力ですが、あえてツヤ消し加工を施し、通常とは別の優しい雰囲気の素材に生まれ変わりました。鋲やリベットを革の色と同じ色で統一し、細部まで色にこだわっています。

URL:https://www.ohbacorp.com/details.php?productid=304

コードバン(つや有り)

コードバンならではの上質なツヤにスポットを当てたモデルです。 かぶせに使用したコードバンからは宝石のような輝きを放ちます。ツヤの魅力を最大限に活かすために、あえてオーソドックスなデザインに。

URL:https://www.ohbacorp.com/details.php?productid=586

総コードバン・プレミアム マット

オオバの目利き職人達が厳選した特別なコードバンで作ったランドセル。かぶせだけでなくマチ部分にもコードバンを贅沢に使用。高い耐久性と形成保持力を誇ります。 控えめなツヤが上品な印象です。

URL:https://www.ohbacorp.com/details.php?productid=808

総コードバン・プレミアム

マチ部分にもコードバンを贅沢に使用したモデル。洗練された風格と、コードバンならではのやわらかいツヤが特徴です。かぶせ裏にはしなやかで耐久性の高い銀豚革を使用。稀少性が高く数に限りがあります。

URL:https://www.ohbacorp.com/details.php?productid=219

総コードバン・グランド

素材選定、裁断、縫製、金具、すべてに妥協のない最高級コードバンモデル。 ランドセルを作るために大判のコードバン素材のみを厳選。背面部分はケリーバッグと同じく二本針手縫いで仕上げています。

URL:https://www.ohbacorp.com/details.php?productid=535

コードバンの良いところ・悪いところ

美しい質感と頑丈さが魅力のコードバンですが、メリットもあればもちろんデメリットもあります。いろんな面を知って、最終的にランドセルを選ぶようにしましょう。

コードバンの良いところ

コードバンを使ったランドセルは次のようなメリットがあります。

  • 圧倒的な品格
  • 使い込むほど味が出るエイジング
  • 美しいツヤ
  • 牛革の3~4倍の強度がある

「キングオブレザー」と言われ天然皮革の中でも最高級品として扱われているコードバン。大人向けの財布・靴・名刺入れなどにも採用されています。

コードバンの魅力は他の素材にはない独特な質感、そして品格です。きめ細かい繊維で柔らかく、かつタフで強靭さもあるという、なんとも不思議な魅力を持っています。使いこむほど味わいや光沢感が増し、革の風合いが美しく変化していくのが特徴です。

牛革より3~4倍の強度があり、破れにくくとても頑丈であることから、ランドセルメーカーでは傷がつきやすい「かぶせ」にコードバンを採用しています。中には本体にもコードバンを使っているモデルもありますが、相場は15万円~20万円以上と大変高額です。

コードバンの悪いところ

一方知っておくべきデメリットもあります。

  • ランドセルが重くなる
  • メンテナンス必須
  • 水に弱い
  • 価格が高め
  • サイズに注意

デメリットは人工皮革に比べ重く、メンテナンスや取り扱いが手間がかかることでしょう。

人工皮革なら平均1,100g前後、コードバンランドセルは平均1,400g~1,500gです。小柄な体型のお子さんや女の子の場合、どうしても重く感じてしまいます。体格が大きなお子さんでも、背中がランドセルにフィットしていなければさらに肩に負担がかかります。

また毎日使うランドセルは日本の気候上どうしても雨を避けられません。コードバンは水にとても弱い性質で、水滴がついたまま長時間放置するとシミになってしまうのです。濡れたらすぐに拭くと綺麗に保てます。しかし小さなお子さんにケアは難しいので、代わりに保護者が気にかけなければなりません。

馬のお尻の革であるコードバンは流通量が極端に少ないことも懸念点です。クオリティーが高いものになるとますます数が少なく平均相場が上がります。そのため人工皮革のように大きなサイズで作るのが難しくなってしまうのです。

サイズをあげるとランドセルの重量が重くなるので、メーカーも試行錯誤しています。ハイクオリティで大きめのタイプは必然的に高額になることを理解しておきましょう。

まとめ

ざっくりとコードバンランドセルの魅了や特徴を紹介しましたが、子どもには少々贅沢なランドセルかもしれませんね。しかし「子どもの頃から良いものだけを持つ」「生き物の尊さを知る」これらを小学校6年間で実現できるのではと思います。他のランドセルと背負い比べながら、何がお子さんに一番必要かを考えて選んでみましょう。

ブランド一覧

タイプで選ぶ

素材で選ぶ

お役立ち記事