Roonee 247 Photograpy
展示に関する様々なご相談はRooneeにお任せください   E-mailでのお問合せ

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F TEL/FAX 03-3341-8118
営業時間 12:00-19:00  最終日16:00閉館 / 月曜日休館




今すぐご利用の方はこちら





スケジュール/ご利用案内

現在開催中の展示

幸村千佳良写真展「海中の花」

幸村様

幸村千佳良 写真展 『海中の花』

会期:2016524日(火)~529日(日)12:00-19:00(最終日16時)

場所:Roonee 247 photography

新宿区四谷4-11みすずビル1F tel/fax 03-3341-8118

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

夕暮れ時にカメラを通すと空の色は独特の紺青色になります。

その色を背景に花は海中をたゆたうような美しさをかもします。

美とは移ろいやすいもの,移ろいゆく刹那に美は輝きます。

花は実となり次世代へ受け継がれていきます。そんな花の輪廻転生は,

我々にも遠い生物の古里を幻想させるのかもしれません。

そんな想いを感じて頂ければ幸いです。



スケジュール

富山義則 熊谷聖司 寫眞展「歩み行く時間 時間のための時間」

2

熊谷2

ルーニィ/クロスロードギャラリーがお送りする企画写真展

富山義則さん、熊谷聖司さん両名による展覧会「歩み行く時間 時間のための時間」を開催いたします。

+++++++++

会期:2016年5月31日(火)〜6月12日(日)12:00-19:00(月曜休廊・最終日16時まで)

会場:ルーニィ・247フォトグラフィー

東京都新宿区四谷4-11みすずビル1階 03-3341-8118

地図(http://www.roonee.com/about/accese/)

++++++

奇跡的に残った8x10サイズのポラロイドフィルムもう、とっくの昔に使用期限は切れています。

このフィルムに、富山義則、熊谷聖司 両氏がそれぞれの時間を焼付けました。

富山は住み慣れた自宅の中を撮影、退色していくフィルムに日々のうつろいを美しく刻み込みました。

熊谷は、太陽光の強い時間にでかけ、まるで35ミリフィルムのスナップのように軽快に路上の光を追いかけました。

ふたりの留めようとした時間は対照的に思えますが、普遍的な営みがそこにあり、粒状性の高いポラロイドフィルムにまるで古い映画のように立ち現れています。

経年変化を劣化と呼ばずに素材の持つ魅力として取り込みながら完成させた作品をごゆっくりお楽しみください。

会場では、ポラロイドフィルムから製作したカラープリント作品と、先ごろ完成したばかりの同名の写真集の販売を行っております。

6人写真展「continue」

6ninten063
石田直之、小林マコト、塚田義行、永田満枝、古川徹、米山楓華

会期:2015年11月24日(火)~29日(日)12:00-19:00 (最終日16時まで)

会場:ルーニィ・247フォトグラフィー 東京都新宿区四谷4-11みすずビル1階
03-3341-8118

+++++++++++++

写真家 渡部さとる氏のワークショップ2Bで学んだ6人が、

モノクロフィルムが激減している中、フィルムカメラにこだわって写真を撮り続けました。

自分が大事にしている身近な情景や、東北、台湾への旅など、

それぞれが思いを込めたモノクロプリント写真の数々を展示します。

使うカメラ・被写体はそれぞれ違っていても、フィルムの存続を願う気持ちは皆同じです。

昨年のワークショップ卒業展から1年経ちましたが私たちがどのように変化したか、

この展示で 確かめたいと思っています。

今回の展示はモノクロフィルムで撮って印画紙に焼くというとてもアナログな写真手法を用いて

いますが、 デジタルでは得られない独特な白黒の濃淡を見て感じて楽しんでいただければ幸いです。

TOP