Roonee 247 Photograpy
  


/h1>

ルーニィの部屋

ギャラリーからのお知らせやおススメ情報などをお伝えします。
2010年12月28日

【has gone】
 カラー/約30点を展示予定
 協力:ノベルサウンズ
takanishi
2007年、8日間のツアーでナイル川流域を縦断し撮影した作品。
古代遺跡を巡りながら、現代のエジプトの日常の風景に夢中でシャッターを切りました。
バスの車窓から撮影した写真を中心にセレクトし、横長にトリミングすることで、
目の前を流れて行く風景、移動していく視点を表現しました。

本展ではミュージシャンとしてもキャリアを持つ作者自身が会場の音楽を手掛けます。
写真一点一点に対し、ごく短いテーマ(フレーズ)を作曲し、ランダム・リピート再生で延々と流します。
数秒ごとのテーマが無作為に無限に連鎖していくことで、写真の断片性、連続性を浮き立たせます。

プロフィール
22歳のときに森山大道氏の「犬の記憶」を読んだことがきっかけで写真を始める。
翌年には広告写真事務所に入り、本格的に写真を学ぶ。
2004年 個展「MOMENT」(大阪・純喫茶&バーINFLIGHT/モノクロ32点)
2004年 個展「B/W」(大阪・雲州堂/モノクロ33点)
2005年 個展「トレモロ」(京都・ホワイトキューブ/モノクロ47点)
2005年 CD付きポストカードブック「トレモロ」発表。
2006年 MiO写真奨励賞グランプリ受賞。
2007年 アムステルダム写真美術館・Paul Huf Photo Awardにノミネートされる。
今回は活動拠点を東京に移してから初個展となる。

ミュージシャンとしても多様な楽器、PCを駆使し、これまでに3枚のアルバムをリリース。
他、国内外のアーティスト、レーベルでの関連作品も含め、シーンから注目を集める。
4枚目のアルバムを2011年リリース予定。



TOP