Roonee 247 Photograpy
展示に関する様々なご相談はRooneeにお任せください   E-mailでのお問合せ

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F TEL/FAX 03-3341-8118
営業時間 12:00-19:00  最終日16:00閉館 / 月曜日休館



ルーニィの部屋

ギャラリーからのお知らせやおススメ情報などをお伝えします。
2013年11月29日

ウェブ用岡山松元さんRoonee produce
松元康明 写真展「錬金術師の夢」

会期:2014 年 1 月 25 日(土)~2月6日(木)10:00~19:00(最終日 18:00 終了) 場所:GALLERY GLOSS & COFFEE
岡山県岡山市北区富田町 2-10-18 TEL/FAX 086-225-5825
http://gallery-gloss.com/

この度、岡山の地で、松元康明氏の作品「錬金術師の夢」をご紹介いたします。 錬金術師とは、不思議な道具や想像でもって、 全てのものを金(きん)に換えてしまう人のことをいいます。
松元氏の頭の中にはとある” 錬金術師” がおり、この作品はその錬金術師の見る夢です。 想像を立体作品として制作し、8×10インチの大きなフィルムで撮影、松元自身の手でプリントされ、 吸い込まれそうな美しい黒の世界が一枚の紙の中に写真としてたちあがります。 少年の心のように純粋な画面は、目に見えない何か大切なものを両手で「ほら」と 見せてくれているような、幸せな気分にしてくれます。
この度、GALLERY GLOSS & COFFEE さんに展示の機会をいただき展覧会の運びとなりました。 国際写真賞(IPA Photography Award)スティルライフ部門にて優秀賞を頂き、写真家として益々 アブラがのってきた松元の” 現在” の仕事をお目にかけます。 どうぞご高覧賜りますようお願いもうしあげます。

 | NEWS
2013年11月23日

写真展「振り返るにはまだ早い」

写真:秋山玲那

展示:関口雅也

日時:2013年11月26日(火)〜12月1日(日)

12:00~19:00(最終日16時まで)

場所:Roonee 247 photography(東京都新宿区四谷4-11みすずビル1階/03-3341-8118)

振り返るにはまだ早い。
ここに展示される写真は全て過去である。
29年間生きてきて撮り溜めた写真を再構築して、
これから迎える30歳という新しい自分を送り出したいと思う。
それは一種の清算として。
写真
2013年11月22日

おまたせしました!

いただきます!

天高く馬肥ゆる秋がやってきました。皆様お楽しみ、秋の公募展「日々のごはん」です!

食べ物は、それ自身であり、自分につながり、人につながります。

写真は今回のゲスト写真家・伊藤さんのある日の夕食です。

撮影が続いて店屋物や外食ばかり。やっと終わって帰って食べる我が家のごはんは格別!

そんな生姜焼きを、早く食べたい気持ちをぐっとこらえて撮影してくださったものです。

・・・と、ごはんに関わるシーンは十人十色ではないでしょうか。

あなたの「日々のごはん」写真にしてみませんか?

昨年に引き続き、今年もゲストに美味しいもの大好きな写真家・伊藤之一さんをお迎えいたします。

伊藤之一さん<伊藤之一さんオフィシャルホームページ>

http://www.itoyukikazu.com/#top

写真集:「入り口」「へそ」「テツオ」「電車カメラ」「雨がアスファルト」など多数

++++++++++++++++++

展覧会日時:2013年11月26日(火)〜12月1日(日)12:00~19:00(最終日17:00まで)

会場:クロスロードギャラリー
東京都新宿区四谷4-28-16吉岡ビル5階
03-3341-8118(問合せ先:ルーニィ247フォトグラフィー)

関連行事:ゴザのうたげ 11月30日(土)18:00~

協力:伊藤之一さん、日正写真商会さん http://nissho-photo.ocnk.net/

+++++++++++++++++++

プレス2013日々のごはん2013

2013年11月19日

プレス2013中島恵美子

日時:2013年11月19日(火)〜24日(日)

場所:ルーニィ・247フォトグラフィー

東京都新宿区四谷4−11みすずビル1階

03-3341-8118

世界は時に対立し、調和する。

写真を2枚、ひとつの額の中に収める。

対立も調和も、世の中の事象の一つでしかない。

1枚でも成立する写真を組み合わせる。

世界とは空白や余白も含めた大きな枠組み。

右眼と左眼から入る画像は相互の関係性に観賞者の頭脳を導く。

撮影という行為は世界との調和なのか対立なのか。

プリントと額装は世界を再構築できるのか。

自らに問いながら、私は世界に世界を還元する。

2013年11月4日

柔視2013グループ「柔視」写真展

asterisqueⅦ

2013/11/05(火) ~ 11/17(日)12:00 ~ 19:00 (最終日16:00まで)

会場: Roonee 247 photography(東京都新宿区四谷4-11みすずビル1階)

岸洋志 胡桃沢なつ子 塚原英幸 都筑士郎 六車文子 横山和美

ギャラリー「Roonee 247 photography」のワークショップを通して知り合ったメンバーによるグループ展。年1回開催。

1回目『Juicy!』

2回目からのタイトル『*』は7回目になります。

スマートフォンやデジタルカメラ、日々シャッターを切ってSNSにアップ、

誰もが写真を撮って公開する時代 。

被写体や光の捉え方、表現方法にこだわって、年1回、写真作品を製作することが、自分自身の確認作業であるような気がします。

タイトルの「アスタリスク(*)」は情報処理用語辞典では「ワイルドカード」

とされ、「そこにあるものすべて」といった意味合いで使われることから、

各メンバーが独自のスタンスで写真と関わる私たちのあり方の象徴として付けられました。

作品は全く一様ではありませんが、

ゼラチンシルバープリント(リスプリントや、グレーのグラデーションへのトライ)サイアノプリントなど、写真の持つ広がりや、楽しさを味わえて頂けたらと思います。


TOP