Roonee 247 Photograpy
展示に関する様々なご相談はRooneeにお任せください   E-mailでのお問合せ

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F TEL/FAX 03-3341-8118
営業時間 12:00-19:00  最終日16:00閉館 / 月曜日休館



ルーニィの部屋

ギャラリーからのお知らせやおススメ情報などをお伝えします。
2013年8月26日

磯井さん008出張ルーニィ 写真へようこそ!@岡山cafe Z

日時:2013年8月28日(水)より9月8日(日)11:00~19:00
月、火休み
*9月7日(土)8日(日)はイベントのため、カフェは17時閉店です。
場所:cafeZ
〒700-0845 岡山県岡山市南区浜野2-1-35
tel/fax : 086-263-8988 H.P : http://cafez.jp/

岡山市南区浜野のcafe Zさんへ、東京/四谷の写真ギャラリールーニィがまるごと出張いたします。
cafeZさんは岡山市南区にある、こだわりの食材を使った料理や飲み物が楽しいカフェと、すっきりとしたギャラリーのある場所です。今回、ご縁があり展示させていただくこととなりました。

「出張ルー二ィ」という企画としては、神田ART PRINT GALLERYさん、岡山エスプリヌーボーさん、名古屋モノコトさんに続く4回目となる今回は、cafe Zというオーガニックな雰囲気をイメージした作品を選びました。

出展作家は、磯井理江子、エドワード・レビンソン、大木靖子(五十音順/敬称略)。
合わせて30〜40点の展示。カラー、モノクロ、古典印画というプリント方法は違えど、
いずれもピンホールカメラという原始的な仕掛けを使い写真作品を作る作家たちです。
のんびりしたカフェZさんの空間に、やわらかな光を、時間をかけて写し取った作品たちを展示いたします。

杉守がほぼ毎日、会場にいる予定ですので、
東京と同じように、写真をやっている作家さんの展示や展覧会などのご相談、額装のご相談も随時お受け致します。

作品は無料でご鑑賞いただけるとともに、お気に召しましたらご購入も可能です。
エドワード・レビンソンさん等、ルーニィ厳選の写真集なども販売いたします。

関連行事として、ルーニィオーナーディレクター・篠原俊之によるトークイベント「写真のツボ」
俳優座女優・飯原道代さんの「ことばうたーカフェZで<なに>を探すー」を開催いたします。(詳細下記)

中四国、関西の皆さん、遊びにきてください。

写真へようこそ!

++++++++++++++++++++++++++
「出張ルーニィ 写真へようこそ!@岡山 Cafe Z」

<関連行事>
8月31日 15:00より  トークショー&フォトビューイング「写真のツボ」 ルーニィ篠原俊之
9月7日/8日 「飯原道代のことばうたーカフェZで〈なに〉を探すー」
7日 17:00 開演 / 8日 17:00 開演 ¥2000−(1ドリンク付き)
●ことばうたは、1995年阪神淡路大震災のあと、避難所や学校をめぐるコンサートの中で生まれました。
演者のことばと観客の想像力がともに時間を紡ぎ出す創造空間へぜひおこしください

*写真は磯井理江子さんの作品です。

2013年8月26日

tuileriesRGB日時:2013年9月10日(火)〜22日(日)

12:00~19:00 (最終日 16:00まで)

場所:ルーニィ・247フォトグラフィー

東京都新宿区四谷4-11みすずビル1階

03-3341-8118

関連行事:

パーティ   9月13日(金)19:00~21:00

トークショー 9月14日(土)19:00~20:00

(予約不要/参加無料)

+++++++++++++++++++++++++++++++

ドミニク・メリガールは、15年にわたり、娘と過ごした日々やバカンスの思い出、近しい者たちとの親密な時間など、自ら感じた瞬間を切り取り、独自の世界観を作品に発表している。今回の展覧会は、思春期を迎える前のこども時代のクロニクルであり、かつての子供たちは沢山の発見をすることでしょう。

ドミニクはひとりの父親として、ある一瞬を切り取るためにシャッターをきるのでしょうか。おそらくそうではなく、彼はこどもの愛おしい瞬間の「すべて」を捉えようとしている。夏の灼熱の太陽、青々と茂る葉っぱの薫り、孔雀の鳴き声、波の味、感覚の目覚め・・・

この撮影を通し、ドミニク・メリガールは忘れていた自分のこども時代の、かすかな音の響きに遭遇することとなる。

そこで奏でられる音は、甘く、時に苦い。鮮明な記憶と、潜在している思い出の中で響く写真的な音・・・

2013年8月25日

ふたり展「つなぐ」
星 裕紀  小椋 和洋

日時:2013年9月3日(火)〜8日(日)12:00~19:00(最終日は16:00まで)
場所:ルーニィ・247フォトグラフィー
東京都新宿区四谷4−11みすずビル1階

外へと向う写真と内へと向う写真。相反する写真を撮る二人の写真展です。
ひとりは大地が生まれ出る地、アイスランドに地球の原風景を求め、
もう一人は欲望で溢れる東京の情景を切り取ります。
両極な写真がひとつの空間で共鳴しあい補色のようにお互いを際立たせる、
しかしそれは表と裏の様に分けられない関係なのかも知れません。つなぐ015

2013年8月19日

2-12

出張ルーニィvol.5 写真へようこそ!@名古屋モノコト


日程 2013年9月2日(月)〜24日(火)12:00~21:00
*会期中お休みはありません。
場所 モノコト 名古屋市中区大須2-18-45 仁王門ビル2階
052-204-0206

東京・四谷にある写真専門ギャラリー ルーニィ・247フォトグラフィーが、ギャラリーを飛び出し全国各地のお客様のもとへギャラリーごと移動するのが「出張ルーニィ」です。

写真表現の面白さ、写真家が丁寧に焼き付けたオリジナルプリントの魅力は、直接間近に見て頂くのが一番。

昨年に続いての2度目の出張となるモノコトさんでは、カメラや写真という身近なツールでありながら、別世界へ誘われるような作品を選出致します。

出品作家 : 西村陽一郎 大木靖子 吹雪大樹 上野龍 ほか

+++++++++++++++++++++++++++++


<<イベント>> ご予約はモノコトさん(052-204-0206)までお願いします!!

会期中 ルーニィスタッフ常駐時随時
作品解説、写真のことよろず相談
「展覧会をやってみたいけどどうしたらいいの?」
「大事な写真をうちに飾りたい。どんな額装にしたら素敵か相談にのってほしい」などなど、よろず伺います。
在廊日程はモノコトまでお問い合わせ下さい。

◎9月22日(日)「写真のみせかた、写真のまとめかた講座」
時間:14:00〜
定員12名
会費 3000円
篠原俊之著「写真展を開く!」差し上げます。

聞けそうで聞けない、正しい写真の取り扱い方、額装のノウハウ、撮りためた作品をどのようにまとめていくのかなど、デモンストレーションとレクチャーを行います。

◎9月23日(月)「写真のつぼーオリジナルプリントビューイング+お話の会ー」
時間:14:00~
展示作品の解説の他、安田雅和、細江賢治 ヒージャン 松元康明など、ルーニィ取扱い作家の作品を間近で鑑賞する会です。モノとしての魅力に溢れたプリントの素晴らしさ、写真コレクションの愉しみなどをお伝えします。
聴講は無料ですが、ドリンクをご注文頂きます。

+++++++++++++++++++

名古屋の皆さんにお会いできるのを楽しみにしております!

*写真は吹雪大樹さんの作品です。

 | NEWS
2013年8月3日

写真の内側外側研究会 課外講座

今月は「内外研」があります!日頃メディアではあまり紹介される事が少ない、けれども非常に興味深い仕事を残す写真家のこと、その作品のことについて大日方欣一先生が丁寧にお話しして下さいます。

異色の写真家列伝 第8回 「長船恒利〈在るもの〉をめぐって」

語る人:大日方欣一(フォトアーキビスト、写真の内側・外側研究会)

2013年8月24日(土)

午後6時20分~8時40分

場所 四谷ひろば

http://yotsuya-hiroba.jp/

参加費(資料代) 500円

ご予約はこちらの申込フォームからお願いします。

お問い合わせ

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F

TEL/FAX  03-3341-8118

mosimosi@roonee.com

写真、即興音楽、コンピュータアート、石の彫刻などの領域を自在に越境し続け、晩年にはチェコの写真家ヤロミール・フンケの軌跡を追い、東欧モダニズム研究に打ち込むなど、きわめてユニークな活動を繰り広げたアーティスト長船恒利(1943-2009)。静岡県藤枝を長く拠点とし、地元静岡のアートシーン構築にも力を尽くした彼の多面的な仕事を再検証する企画展が、今秋、都内二つのギャラリー(桜上水Raven、田端Ogumagu)で同時開催される。

今回の講座は、上記二つの展示のプレ企画を兼ねて、長船恒利の代表作の一つ、写真作品〈在るもの〉のシリーズが、さまざまな曲折をくぐり、藤枝(GIG)、弘前(ギャラリー芭蕉)、東京(PUT)等々と発表場所を移しながら成立していった、1970年代後半から80年代初めにかけての過程をいささかくわしく辿りなおしてみたい。さらに、〈在るもの〉で獲得された視座が、その後どのような広がりをもって展開・変容していくのかも、あわせて注視してみようと思う。

長船恒利 略歴

1943 北海道小樽市生まれ。

1964 北海道大学工業教員養成所電気工学科卒。

静岡県立高等学校教諭に着任、1970年代より写真作品を発表。

筑波大学大学院工学研究科(情報工学)研究生を経て、

静岡大学教育学部非常勤講師、静岡理工科大学理工学部非常勤講師を歴任。

2009 没。

主な個展(写真、美術、メディアアート)

1974-76 地下道写真展(藤枝)

1975 前鬱空間(藤枝・GIG)

1976 Trane(藤枝・GIG)

閉ざされた街で(藤枝・GIG)

1977 無実の赤堀政夫を殺すな(東京・PUT)

在るもの(藤枝・GIG)

1978 在るもの(弘前・ギャラリー芭蕉)

在るもの・3(東京・PUT)

在るもの・4(弘前・ギャラリー芭蕉)

在るもの・5(東京・PUT)

1979 在るもの・6(東京・PUT)

在るもの・7(東京・PUT、浜松・ギャラリー黒帯)

1980 STRUCTURE(東京・OWL)

snap photographs1~5(静岡・JuJu)

1981 snap photographs6~10(静岡・JuJu)

fine photographs1~2(静岡・JuJu)

1982 fine photographs3~5(静岡・JuJu)

見ることの記述(静岡・さくらやギャラリー)

1983 山境横断(静岡・ギャラリー美術舎・JuJu)

Landscape Vol.1 野外計画(静岡・JuJu)

Landscape Vol.2(静岡・JuJu)

1984 Landscape Vol.3 1時間の測定(静岡・JuJu)

1986 Landscape 野外観測(伊東・アートスペースユアーズ)

1988 Landscape(清水・戸田書店画廊)

1989 コンピュータはアート(静岡・生活創庫アピタ)

1991 在るもの(東京・FROG)

記憶の光景1955-1957(静岡・ミカサギャラリー)

1997 記憶の光景1958-1960(静岡・ミカサギャラリー)

1999 Manila(静岡・ミカサギャラリー)

2000 木をめぐって(静岡・ミカサギャラリー)

Praha(静岡・Sensenci)

2005 ヤロミール・フンケにさそわれて(浜松・ギャラリーケイブ)

2012 長船恒利の光景 1943~2009(藤枝・アートカゲヤマ画廊/ギャラリーエスペース/gallery sensenci)

主なグループ展(写真・美術・メディアアート)

1976 蔵田野外展(藤枝)

浜松ワークショップ写真展(浜松市美術館)

集団GIG展(静岡県庁展示室)

1977 京都アンデパンダン展(京都市美術館)

MID SUMMER FESTIVAL(東京・PUT)

今日の写真・展’77(神奈川県民ギャラリー)

1978 視覚の現在 静岡展(静岡県庁展示室)

視覚の現在 姫路展(姫路市民会館展示室)

1979 ぬじゅんin 沖縄・大和(那覇・ダイナハ)

Magic Lantern(東京・日本雑誌会館)

PUTファイナル・フェア(東京・PUT)

79-80写真展 視覚の現在(東京・新宿文化センター)

1980 SESSION(静岡・JuJu)

1981 2人展 CORRESPONDENCE 谷口雅と(東京・OWL)

SESSION(静岡・JuJu)

1985 つくば写真美術館’85(つくば写真美術館)

静岡写真フォーラム’85(静岡市民文化会館)

1986 Hyper Bit Photographs(静岡市民文化会館)

Contemporanea Japonesa Fotografia(バルセロナ、他)

1987 写真・映像フォーラム’87 in 静岡(静岡市民文化会館)

現代アートフェスティバルin 静岡(清水・鈴与倉庫10号)

1988 A-Value展(静岡県立美術館)

1989 A-Value展㈼(静岡県立美術館)

Photo Session展6(静岡県立美術館)

1990 Photo Session展7・8(静岡県立美術館)

A-Value展㈽(静岡県立美術館)

1991 Photo Session展9(静岡県立美術館)

A-Value展㈿(静岡県立美術館)

1992 Photo Session展10(静岡県立美術館)

A-Value展㈸(静岡県立美術館)

1993 A-Value展?(静岡県立美術館)

Photo Session展11(静岡県立美術館)

1994 Photo Session展12(静岡県立美術館)

遍在する波動展(マニラ・メトロポリタン美術館)

1995 Photo Session展13(静岡県立美術館)

A-Value展?(静岡県立美術館)

写真1995(つくば美術館)

1996 Photo Session展14(静岡県立美術館)

1997 Photo Session展15(静岡県立美術館)

1998 Photo Session展16(静岡県立美術館)

1999 Photo Session展17(静岡県立美術館)

2000 Photo Session展18(静岡県立美術館)

Le Japon:Contrastes Photographiques(カンヌ・Espace Miramar)

2001 Photo Session展19(静岡県立美術館)

2002 Photo Session展20(静岡県立美術館)

2004 CAVE展2004(浜松・ギャラリーケイブ)


TOP