Roonee 247 Photograpy
展示に関する様々なご相談はRooneeにお任せください   E-mailでのお問合せ

〒160-0004 東京都新宿区四谷4-11 みすずビル1F TEL/FAX 03-3341-8118
営業時間 12:00-19:00  最終日16:00閉館 / 月曜日休館



ルーニィの部屋

ギャラリーからのお知らせやおススメ情報などをお伝えします。
2011年10月30日

ルーニィではマットやフレームの額装用品の他に、写真集も扱っております。

書店ではお目にかかれない本や、
若手作家のものなど、
掘り出し物に出会えるのもルーニィの本屋さんです。

店頭でも

オンラインショップでも

お気に入りの一冊との出会いがありますように♪

☆本のオンラインショップ☆
http://roonee.com/scb/shop/shop.cgi?id=7

 | NEWS
2011年10月29日

大畠まゆみ写真展「名残りの光」
2011年11月1日(火)〜6日(日)12:00〜19:00
(最終日は16:00まで)
大畠さん2011

名残りの光

夏の田舎に帰った。
いつの間にか、隣の家が空き家になっていた。
その庭に、今年もサルスベリの花が、
燃えるように咲いている。
世界は昨日の名残りとともに、新しい時を刻んで、
ひっそりと様変わりを果たしていく。
今この瞬間は消えてなお残像を残し、
私の視線は記憶の中をさまよっている。
写真はいまここに在る自分を覚醒させる。
喪失の再生と記憶からの解放。
だんだん遠のいていく故郷で、
写真を撮るということは、
そういうことだと思っている。

カラー30点

*ギャラリー手前、書籍とご相談スペースでもミニ展示の予定です。

2011年10月16日

ASTERRISQUE
グループ「柔視」 写真展

*****asterisque

2011/10/18(火) 〜 10/30(日) 12:00 〜 19:00 (最終日16:00まで)
*24日(月)はお休みです。
会場:Roonee 247 photography

岸 洋志 塚原英幸 都筑士郎 辺見なつ子 六車文子 横山和美

ギャラリー「Roonee 247 photography」のワークショップを通して知り合ったメ
ンバーによるグループ展。年1回開催、その6回目。

タイトルの「アスタリスク(*)」は情報処理用語辞典では「ワイルドカード」
とされ、「そこあるものすべて」といった意味合いで使われることから、各メン
バーが独自のスタンスで写真と関わる私たちのあり方の象徴として付けられました。

製作スタイルは、海に潜って撮る、数センチまで被写体に寄って撮る、旅して撮
る、印画紙を自分で作る、フィルムスパイカメラで撮る、他。

展示作品は、デジタルカラープリント、銀塩モノクロプリント、サイアノプリン
ト、プラチナプリントなど、今年は多彩。

2011年10月16日

ギャラリー企画
「KAMERA」kamera

会期 2011年10月18日(火)〜10月30日(日)12:00〜20:00
(月曜休廊・最終日は17:00まで)
会場 CROSSROAD GALLERY (クロスロードギャラリー)
  東京都新宿区四谷4-28-16 吉岡ビル5F
  TEL/FAX 03-3341-8118

クロスロードギャラリーでは写真家飯田鉄が撮り続けている、数々のカメラの写真を展示し、皆様にご覧いただくことを企画いたしました。世界各国の、古いものから現在のカメラまで、様々なカメラが登場しますが、単にカメラの姿を写真に収めるというだけでなく、カメラがあたかも生命を持つもののように撮影しています。
カメラの持つ、魅力をひきだすための、ポーズとはどのようなものか?そのための装置(セット)をつくり、それぞれのキャラクターを浮き上がらせるように、または魅力的な仕草を探し出す。それが飯田鉄が撮影するカメラ写真の特質だと思います。
秋のひと時、飯田鉄が展開する、「カメラ」という道具の意外な肖像をお楽しみ下さい。

尚、本展では、通常の写真プリント作品に加えて、飯田が撮影に使用したポラロイド写真を額装したものを特別に頒布致します。額装付きで大変お求めやすくなっています。

関連行事 ◆オープニングパーティー
       10月18日(火)18:00〜21:00 会場内にて
     ◆トークイベント 飯田鉄+佐々木秀人(月刊 日本カメラ副編集長)
       10月22日(土)19:00〜  要予約 参加費500円
     ◆公開制作+ワークショップ 「あなたのカメラを飯田鉄が撮ります」
       10月28日(金) 19:00〜 要予約 定員10名 参加費1,000円
イベントのお申込はメールかお電話にて承ります。

2011年10月11日

「風と光の散歩道 卯」
2011年10月11日(火)〜16日(日)
12:00〜19:00 最終日〜16:00

会場:ルーニィ・247フォトグラフィー
kuratayuki
写真と俳句を組み合わせた展示です。
写俳、写真俳句、フォト俳句、フォト575と呼び方は様々ですが、俳句と写真を合わせることで、別の表現世界が広がります。最近はテレビ番組や雑誌で紹介される機会もあり、年齢や性別に関係なく写真と俳句を楽しむ人が増えています。
今年から「里俳句会」の同人に参加させて頂くことになりました。俳句は日本独特の文化のひとつであり、写真とのコラボレーションは今後さらに広まっていく表現方法です。多くの方に写真と俳句の世界を知って頂きたいと思っています。
写真と俳句はそもそも映像と言葉という違いがあります。しかし一瞬を捉え、それを表現するという類似性、あるいは共通点があります。
「風と光の散歩道」は写俳を続けているブログのタイトルです。そしてギャラリーでの個展が4回目であり、自分の干支でもある文字を合わせました。「卯」(ぼう)にはウサギと四の両方の意味があります。心に触れた日常や旅先の風景、生き物たち、その写真を見つめているうち、何かが降りてくるように俳句が浮かびます。または俳句が先にあって、あとから写真を組み合わせることもあります。そういった作品を基に創り上げる展示空間をご覧頂けると幸いです。

倉田有希
HP http://yuhki575.com

Page 1 of 212»

TOP